「アジアにめざめたら アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代」東京国立近代美術館

 

ttp://www.momat.go.jp/am/exhibition/asia/

 

 

アジア各地のアヴァンギャルド・アートが東京に集結!

アジアにめざめたら

アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代

 

東京国立近代美術館

10月10日(水)~ 12月24日(月・休)

 

かつてないスケールで、アジア各地の現代アートの黎明期である1960 年代から1990 年代に焦点をあてる展覧会です。

10を超える国と地域から、激動の時代に生まれた挑戦的かつ実験的な約140点の作品を一堂に集め、その共通点と違いを発見していきます。

日本、韓国、シンガポールの国立美術館3館と国際交流基金アジアセンターによる共同プロジェクトの集大成として日本で開幕、その後韓国とシンガポールに巡回します。

 

 

日本、韓国、台湾、中国、香港、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、インドなど、10を超える国と地域の90組以上の作家による約140点の作品が東京に集結。絵画、彫刻、版画、写真、映像、パフォーマンス、インスタレーションなど、多様なアヴァンギャルド・アートを一挙に紹介!

 

 

この時期のアジアは、植民地支配からの独立と急速な近代化、東西冷戦によるイデオロギーの対立やベトナム戦争の勃発、民族間の対立や民主化運動の高揚など、社会を揺るがす大きな出来事が続きました。

その時代を生きたアーティストたちが、「美術」とは何かを問いかけ、既存のジャンルにとどまらない表現方法を開拓した末に生まれた、挑戦的かつ実験的な作品の数々です。

 

 

とてもエネルギッシュな作品ばかりでした。

作品と一緒に時代背景を考えると、また勉強になります。

近年、アジアからの観光客が急増しています。日本とアジアの文化交流に、本展で得られる体験は、アートと世界の見方を変え、アジアとの新たな関係を築くヒントに繋がるといいですね。

 

 

アジアにめざめたら
アートが変わる、世界が変わる 1960-1990 年代

 

東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー

会期: 2018年10月10日(水)~ 2018年12月24日(月・休)

開館時間: 10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)

*入館は閉館30分前まで

休館日: 月曜(12/24は開館)

観覧料: 一般1,200 円

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/asia/

 

 

☆公式スタッフBlog『おおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP

http://map.acore-omiya.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
return top
error: Content is protected !!