【さいたま国際芸術祭2020】全アーティストの発表、前売りチケット販売開始

 

さいたま国際芸術祭2020

全アーティストの発表、前売りチケット販売開始

 

2019年12月10日(火)

2020年3月14日から65日間、大宮を中心に開催される「さいたま国際芸術祭2020-Art Sightama-」の開幕に先駆け、記者発表会を行いました。

記者発表会では『さいたま国際芸術祭2020』に参加する全アーティストの発表、ポスター等のビジュアルの発表、テーマと各プロジェクトが紹介されました。

 

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ

 

「さいたま国際芸術祭2020」 のテーマである「花/flower」について「芸術祭を通して想像力の花を咲かせていこうという思いをこめている」とさいたま国際芸術祭2020の遠山昇司ディレクター。

 

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ

 

さいたまにゆかりのある、参加アーティストの平川恒太さん。

「埼玉県立大宮光陵高等学校美術科出身です。大宮にあったジョン・レノン・ミュージアムの・オノ・ヨーコさんの作品に衝撃を受けました。地元の芸術祭に参加することができてとても嬉しいです。」と意気込みを語りました。

 

また、同日、前売りチケットの販売も開始し、旧大宮区役所にて開幕100日前を記念する「100日前イベント」を開催しました。

参加アーティストによるトークショーやステージパフォーマンスが披露され、参加者は特別な一夜を楽しみました。

 

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ

さいたま国際芸術祭実行委員会会⾧の清水勇人さいたま市⾧、遠山昇司ディレクター、参加アーティストのみなさん

 

さいたま国際芸術祭 2020 さいたまトリエンナーレ 壁画 北沢楽天

会場となる旧大宮区役所に、さいたまにゆかりのある漫画家・北沢楽天の作品「モダンガール」と芸術祭のロゴが入った壁画が出現

 

 

さいたま国際芸術祭2020

 

・開催期間 2020 年3月14 日(土)―5 月17 日(日) [65 日間]

・テーマ 「花 / flower」

・会場

メインサイト: 旧大宮区役所
アネックスサイト: 旧大宮図書館
スプラッシュサイト: まちなか展開

(浦和駅周辺、埼玉県立近代美術館、大宮盆栽美術館、鉄道博物館、彩の国さいたま芸術劇場、岩槻人形博物館、宇宙劇場、さいたま市文化センター、その他市内各所)

 

チケット販売について

メイン会場となる旧大宮区役所については入場料が必要となります。

12月10日(火)より、お得な前売引換券を販売中。

 

前売引換券

購入金額:¥1,000 円(税込)

購入期間:2019年12月10日(火)― 2020年3月13日(金)

当日入場券・入場引換券

購入期間:2020年3月14日(土)ー 5月17 日(日)

購入金額:¥1,200 円(税込)

チケット販売の詳細は、公式 WEB サイトへ
https://art-sightama.jp/

 

 

☆タウン誌『アコレおおみや』配布場所MAP☆

http://map.acore-omiya.com/

☆公式スタッフBlog『アコレおおみや写真nikki(日記)』

http://staff.acore-omiya.com/

☆スタッフ私的Blog『アートと、着物と、さいたまと』

https://www.namineko.com/

 

関連記事

Twitterタイムライン

最新号!アコレおおみやno.45 1月7日発行

スタッフブログ おおみや写真nikki(日記)

アコレおおみや配布場所MAP

 

スタッフ私的ブログ「アートと、着物と、さいたまと」namineco nami

return top
error: Content is protected !!