「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」内覧会@東京国立博物館

IMGP90031

 

http://www.nikkei-events.jp/art/india/

IMGP90041

IMGP89811

IMGP8990

東京国立博物館「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」

内覧会へいってきました!

 

古代インド美術のコレクションが世界的にも有名で、アジア最古の総合博物館であるコルカタ・インド博物館から珠玉の作品約80件が来日。古代初期を代表するバールフット遺跡の出土品、仏像誕生の地であるガンダーラやマトゥラーの仏像彫刻など、仏教の生まれた地インドを代表する博物館の名品から、1000年を超えるインド仏教美術の歴史をたどる。

「インドの仏」というタイトルがストレートでわかりやすくいいですね会場は重要文化財に指定されている表慶館。レトロな洋風建築です。

 

IMGP89921

弥勒菩薩坐像 (みろくぼさつざぞう)

えっ!菩薩さま?なんだかダンディなおじさま風。インドの王族の姿を原型とする菩薩だそうです。やっぱり日本の仏さまとはだいぶ違う印象です。

 

IMGP9001

IMGP9000

観音様がなんだか甘美でエロティック。

IMGP89961

ユニークな解説も

IMGP90021

おすすめはミュージアムショップ☆

エスニックな雑貨や小物があり、ちょっと本気でほしくなりました。いつもはポストカードくらいしか購入しないのですが。。

勿論、オリジナルグッズも斬新で素敵でした

インド仏像大使みうらじゅんさん、いとうせいこうさん監修のロータス・ピローカバーがほしい~

「インドの仏」カレーのパッケージもかっこよかったです。

 

本展覧会の全体的な感想としては。。

アジアへ旅行にいきたくなりました!

お寺めぐりとかしたいよ!

いきたいけど、なかなかいけないから。。ちょっとした旅行気分へいかがでしょう

そして、もっと仏教の勉強がしたくなりました。

 

「インドの仏」5月17日(日)までです!

 

東京国立博物館
コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流
3月17日(火) ~5月17日(日)
◎休館日 月曜日 (ただし3月23日、30日、5月4日は開館、5月7日(木)は休館)

◎一般1,400円
◎お問い合わせ 03-5770-8600(ハローダイヤル)

http://www.nikkei-events.jp/art/india/

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top