今でも色褪せないとびきりの面白さ!赤塚不二夫展~『おそ松くん』から『のらガキ』まで~ さいたま市立漫画会館

bonsai_mangakaikan_gaikan

 

さいたま市漫画会館

 

さいたま市立漫画会館

企画漫画展

「ギャグ漫画の殿堂 赤塚不二夫展~『おそ松くん』から『のらガキ』まで~」

 

2017年9月14日(木)~11月12日(日)

入館無料

 

『天才バカボン』『おそ松くん』といえば独特なキャラクターや世界観で誰もが一度は目にする現在も不動の人気ギャグ漫画です。作者本人である赤塚不二夫自身のキャラクターも相俟って、これまで数多の漫画家の作品が生み出されている現在においてもその飛びぬけた面白さは、まさに「ギャグ漫画の殿堂」としてふさわしいものではないでしょうか。本展では『おそ松くん』から『ギャグゲリラ』までの代表的なヒット作品の紹介と、隠れた名作『のらガキ』の原画を展示します。また、漫画会館所蔵の赤塚不二夫の原画の展示を併せて、今でも色褪せないとびきりの面白さをご覧下さい。また、展示期間中は赤塚不二夫キャラクターグッズを販売します。

 

休館日 :月曜日 (ただし祝日の9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火))

お問合せ:さいたま市漫画会館

さいたま市北区盆栽町150 ℡048-663-1541

詳細はさいたま市HPをご覧ください ↓

http://www.city.saitama.jp/004/001/002/005/kita/p054504.html

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

過去の記事

Twitterタイムライン

return top