県内出土の古墳時代の象嵌刀を一堂に展示 埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展「甦る鉄剣」

彩画職人部類

 

復元摸作裏先端

復元摸作裏先端

 

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展「甦る鉄剣」

2014年10月11日(土)~11月24日(月・振休)

 

作刀・研ぎ・象嵌の現代の匠達が約7年の歳月をかけて復元し、古墳時代の輝きを再現した稲荷山古墳出土の金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)。国宝に指定され、日本の古代史を解明するための重要な資料となっている。この復元品の公開にあわせ、県内出土の古墳時代の象嵌刀を一堂に展示するとともに、重要文化財の甲冑類や武人埴輪などを展示し、鉄剣を所有していた武人の姿を紹介。また、鉄剣を復元した現代の刀匠達の道具や写真とともに、画帖・浮世絵・絵馬などに描かれた中世から近代の刀匠の姿を展示して、刀づくりの工程なども紹介する。

 

Japanese Sword

復元摸作表全体

 

2014年10月11日(土)~11月24日(月・振休)9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)

●休館日:月曜日(ただし10月13日、11月3日・24日は開館)
●会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室
●観覧料:一般600円、高校・学生300円 

 

問い合わせ
埼玉県立歴史と民俗の博物館
さいたま市大宮区高鼻町4-219 TEL 048-645-8171 http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リニューアルしました!今までの記事はこちらをご覧下さい ↓

Acoreおおみや WEBサイト http://acore-omiya.net/

 

関連記事

Twitterタイムライン

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
return top
error: Content is protected !!